アニメが100倍楽しくなるブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメが100倍楽しくなるブログ!

新作アニメを中心に紹介するブログです。本格的に書いているので長文注意。HOMEからアクセスすると最新記事が表示されます。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

2016年春アニメ

f:id:Brian_T_Spencer:20160805094124j:plain

【概要】

時期:2016年春アニメ(2016年4月~6月)

原作:電撃文庫ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

制作:Project No.9

 

【あらすじ】

前ヶ崎高校に通う男子高校生の西村英騎は、MMORPGの「Legendary Age」(略称:LA)をプレイするネトゲ好きだが、ネトゲ内で女性キャラへと告白したものの、相手から"ネカマ"だと教えられ、振られてしまうという悲しい過去を秘めていた。そんな西村だが、ある日所属ギルド「アレイキャッツ」の仲間である、アコという女性キャラから告白され、ゲーム内で結婚することになる。しかし、アコがリアルでも女の子だと言っても、例のトラウマからリアルとゲームは別物だとして西村は信じなかった。そんな中、アレイキャッツのオフ会が開催されることになり、西村はアコが本当に玉置亜子という名前のリアルの女の子だと知ることになる。

だが、亜子はネトゲとリアルの区別がつかない残念な美少女だった!こうして、「リアルもネトゲも残念だけど楽しすぎる」ネトゲライフが始まるのだった。

 

【おすすめポイント】

MMORPGを題材にした作品としては、『ソードアート・オンライン』や『アクセル・ワールド』などが有名ですが、この作品はシリアスな内容ではなく、ネトゲが舞台のドタバタラブコメディーといった感じです。

でも、ストーリーとしては、ただのコメディーで終始していません。亜子がリアルとネトゲの区別がつかなくなった原因は、リアルを捨てネトゲに閉じこもってしまったからです。そんな亜子を西村や同じギルドメンバーたちが支えていこうとする様子もしっかりと描写されており、観ている側も暖かい気持ちになってきます。

ちなみに、亜子が、キャラ名「ルシアン」こと西村に、ネトゲ内であろうが、学校内であろうが、「ルシアン~~!助けてください~」と頼ってくる様子がすごくかわいいです。あと、色んなアクシデントが次々に起こるので、観ている人を飽きさせない構成になっています。力を抜いて楽しめる作品になっていると思います。ネトゲあるあるはもちろん、個性的な登場人物の言動にも注目です。

 

【感想】

亜子がアレイキャッツの仲間たちとともに、楽しい思い出を作ることができて本当によかったです。最初はいかにもラノベ的なタイトルで、しょうもない内容だろうと思って期待していなかったのですが、それは大きな間違いでした。

この作品では、高校の制服を着ている現実世界、LAの装備をしているネトゲSDキャラが動くゲーム画面の3つの世界を行き来していましたが、どれも作画は良かったと思います。ネトゲや異世界を題材にした作品では、現実世界が色あせて見えてしまうことが多い(意図的な場合もある)のですが、この作品では現実世界も生き生きと描かれてました。ネトゲもリアルも両立する、という作品のテーマが垣間見える点です。ところで、先日、秋葉原のアニメセンターで開催された展示会に行ったところ、実はゲーム画面のシーンが1番作画に苦労していたそうです。確かにゲーム画面のキャラの動きとかもやたらと気合が入ってました・・・。

さて、亜子やマスターがリア充への憎しみを爆発させているシーンが多いのですが、果たして彼らはリア充ではないのでしょうか。少なくとも私の高校時代よりも10000倍くらいリア充感がするのですが・・・、すいません、これ以上は悲しくなるのでこの話はもうやめます。

まあ、普通のラブコメなら、「リア充爆死しろ!早く不幸になれ。*´▽`*)」とか思ってしまうんですけど、この作品ではアコとルシアンの2人が上手く行くように素直に願うことができました。やっぱり、亜子のかわいさと、西村の性格がイケメンだったことが影響していると思います。