アニメが100倍楽しくなるブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメが100倍楽しくなるブログ!

新作アニメを中心に紹介するブログです。本格的に書いているので長文注意。HOMEからアクセスすると最新記事が表示されます。

あんハピ♪

f:id:Brian_T_Spencer:20160807044707j:plain

【概要】

時期:2016年春アニメ(2016年4月~6月)

原作:まんがタイムきららフォワードあんハピ♪

制作:SILVER LINK.

 

【あらすじ】

これは不憫な女の子たちが幸せを見つける物語。

4月から高校生として天之御船学園に入学した雲雀丘瑠璃が配属された1年7組は、「負の業」、つまり不幸を背負った生徒たちが配属されるクラスだった。どんな不幸や不運にもめげずに、いつも笑顔を絶やさない花小泉杏や、人と握手するだけで手が骨折してしまうほど、異常なまでの虚弱体質である久米川牡丹、負けず嫌いでいつも1番を目指すがやる気が完全に空回りしていて重度の方向音痴である萩生響、あらゆる動物のメスを魅了しいつも動物に追いかけられている江古田蓮など、同じクラスには不幸を背負った人間が集められていた。そして、雲雀丘自身も人には言えないある秘密を抱えていた。

 

【おすすめポイント】

おなじみの『まんがタイムきららフォワード』に連載中の作品が原作。あらすじには「これは不憫な女の子たちが幸せを見つける物語。」と書きましたが、そんなにシリアスではない学園コメディーです。

キャラのリアクションをデフォルメした演出やところどころに挟まれるアイキャッチSDキャラなど、かわいい要素もふんだんに盛り込まれています。

 

【感想】

やはり、まんがタイムきらら系の作品なので、かわいさや萌え要素に関しては文句のつけようがありません。それぞれのキャラが持っている不幸の特性に合わせてストーリーが展開していきましたが、ストーリーの展開が丁寧だったように感じます。ギャグ要素が特に秀逸というわけではないのですが、演出やアイキャッチの完成度はかなり高く、ストーリーにメリハリを与えていました。

それぞれが不幸を抱えながらも、友達同士で助け合いながら楽しくて幸せな日常生活を送ろうとする様子を見ていると、幸せな気持ちになってきます。決してシリアスな作品ではないのですが、何気ない日常のやりとりの中にハートフルな何かを感じることができた作品でした。

そのことはEDの歌詞にもよく表れています。

 

「だから何度だってね 試してみようって決めたよ

明日起きたら もういちどほかの方法考えよう」

「祈りの言葉と 願いの言葉の違いは
行動しようってことかも できるはず明日から」

「ゆっくりゆっくり休んでね
あせらない方ががんばれる」

 

自分自身がくじけそうなときに聞いてみて下さい。きっと励まされると思います。アニソンの歌詞に励ましてもらうのって、『ご注文はうさぎですか??』の『ノ―ポイッ』以来かもな・・・と思っていたら、あんハピ♪のEDも作詞は畑亜貴さんでした。畑亜貴という概念の偉大さを改めて認識しました。